2017年04月11日

四柱推命のお勉強

占い教室 四柱推命編

第1章 準備編

 第1節 はじめに

  四柱推命は難しいと聞いたことはありませんか。それにもかかわらず、敢えて、興味をもってこのブログをご覧になったのは、やはり、よくあたるからでしょうし、奥が深く学問として面白みがあるからでしょう。
 しかし、独学では中途挫折してしまう人が殆どです。それは独学にふさわしい良書がないからです。ただし指導してくれる人がいて自分自身にやる気さえあれば大丈夫です。
 鑑定した人数が増えるにつけ未来予知のみならず人間学として人を見る目が養われ、なおかつ、どのように自分を磨いていけばよいか知るのに一番の近道であると分ってきます。そうすると面白くて辞められなくなります。
 いつのまにか自分の本棚が四柱推命の本だらけになったら幸せへのスタートは目の前です。
 
まず、四柱推命の本は最初のページはずっと無味乾燥な用語の解説・・・では面白みがありませんね。
でも自分の生年月日で出された図式があればどうでしょう。自分のは、どれが該当する
かわかれば楽しいですよね。
 ですから、最初の課題・・・いいえ初っ端からテストではありません。
自動プログラムで出してくれるサイトがあります。入力して出してみましょう。

それを見ながら学習していくと覚えやすいです。自分の運勢を鑑定しながら学ぶのが一番、効率よく、面白いものです。

最初は良くわからないので、はやばやと先はしり、この占いあたらないなんて思って止めたら宝の山を前にして通過してしまいます。
なかなか開運しない方は運が悪いのでなく宝の山を目の前ににして自分で通過していることが多いです。

 四柱推命講座は全国にありますがを最後まで終了した方は、そういうこととは無縁の世界の住民になります。
 

第2節 四柱推命とは

  中国の歴史の長い占いで生年月日と生まれた時間で占います。
  いつ誰が始めたかは正確なところわかっていません。現在のようなかたちになったの
は子平があらわれてからです。そのため四柱推命といわず子平とも呼ばれます。
中国では八字(バーツ)もしくは命理と呼ばれています。四柱推命は日本だけの呼称です。
日本においては江戸時代に伊達藩の家臣である桜田虎門が紹介したのが始まりです。寺子屋をしており養賢堂といいます。どっかで聞いたことある。
 
 それから準備してほしいのは万年暦です。
これは各自、書店で購入してください。一部、紹介しますと
ネットで購入できるのは・・・
占いに力を入れている書店から

中尾書店(大阪)
http://www.abaj.gr.jp/nakaoshoten-main/index-j.htm
原書房(東京都千代田区)
http://www.harashobo.com/home_j.htm

ホームページでカタログがあって便利なのは
鴨書店(東京都北区)
http://www.kamo-books.co.jp/

台原森林公園・・・・地震で断水のおり水をここで配られました。
台原森林公園玄関
・・・・・・・・・・・・・・たかみち風水行脚・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月は石巻市で新築の風水出張鑑定をしました。


同じカテゴリー(四柱推命)の記事画像
当たる占い師は必ず生れた時間を聞く!
今日が重要な日になる人はこの人
マクロン大統領の運勢を知ると対フランス貿易商戦略がみえてくる。
同じカテゴリー(四柱推命)の記事
 当たる占い師は必ず生れた時間を聞く! (2019-06-04 08:22)
 漁船浸水事故;四柱推命で天乙貴人がある人は救助される。 (2018-06-25 09:01)
 双子の運勢鑑定は特別な方法で (2018-06-09 09:08)
 女優の改名時期>御社名変更は社長の運気変化時期 (2018-03-27 08:56)
 今日が重要な日になる人はこの人 (2018-02-08 00:08)
 きょう強運の人は?これしましょう。 (2018-02-05 12:40)

Posted by さとうたかみち at 10:01│Comments(0)四柱推命
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
四柱推命のお勉強
    コメント(0)